にきびが顔にたくさんできてしまうと本当に憂鬱ですが、にきびがちゃんと治るかどうか心配にもなります。にきびができやすい肌質の場合もあり、一年中くりかえしにきびが顔にできてしまう人もいます。いつも顔にできたにきびを気にしなければならず、大きな悩みとなっていることが多いようです。とはいえ、近年では効果が高いにきびの治療薬が登場するようになり、適切なケアでにきび治療が可能になっています。ただし、にきびのトラブルにはにきび痕も含みますので、にきびは治っても痕がある、という状態になる方もいます。にきびの症状が深刻な場合は、皮膚がその部分だけへこんでクレーターになったり、色素が沈着してシミになってしまうことがあります。これらのにきび痕は、お肌のターンオーバーがうまくいっていない証拠でもあります。ですから、にきび痕を解消するためには、日頃から肌の保湿をして、栄養分を与えるようなスキンケアをすることが大切です。正しいスキンケアによって肌のターンオーバーが促進されて、にきび痕も目立たなくなっていくでしょう。とはいえ、にきび専用のスキンケア用品やにきびの塗り薬を利用しても、即効性は期待できません。にきび痕をわかりにくくするためには、コツコツと継続したケアが必須になります。すぐに期待した効果が得られなくても継続時に取り組むことで、にきび痕がわかりにくくなっています。ニキビ跡 化粧水