日本国内で行われている脱毛は、大きく分けると3つの種類のものがあります。3つの種類の中でさらに細分化されていきますが、今回はこの3つの種類を紹介していきます。

一つはワックス脱毛です。蜜蝋などを使って行う脱毛で、肌に温めて柔らかくした蜜蝋などを使って作られたワックスを塗布し、その上に当て布を当てます。ワックスが冷めると硬化するため、当て布を引きはがすとワックスと共にワックスに絡まって一緒に固まった毛を一気に引き抜くことが出来るという方法です。

一つは電気針脱毛です。クリニックでは絶縁針を使った医療電気針脱毛、エステなっではニードル脱毛と呼ばれるものになります。毛穴に電気針を差し入れ、微弱電流を流すことで毛の根元にダメージを与えて再生能力を阻害するという方法です。

そして最後の一つは光を照射する脱毛です。クリニックではレーザー脱毛、エステではフラッシュ脱毛と呼ばれるもので、黒い色に熱反応を示す光を肌に照射することで、毛の根元の発毛組織に熱ダメージを与えるというものです。痛みなどがほとんどなく、お肌にも負担をかけにくい方法として、今多くの人が利用している脱毛方法となっています。家庭用脱毛器いもこの仕組みを使ったものが数多く出ています。