介護の施設には、多様のあります。

デイサービスといって、通所しながら機能訓練を行うもの、
ショートステイといって家族が介護できないので
一時的に滞在して介護するもの、特養という特別養護老人ホームという
その中で生活を介護もうける終いの住みかとして施設があります。

特別養護老人ホームは、一般の有料老人ホームに入所できない
低所得層を対象としており、入所にもある一定の財産要件を設けています。

ですので都道府県が認可を与えて、
補助金で運営されている公共施設に近い介護施設なので、
利用する費用もその収入に応じてあまりかかりません。

ただ公共運営ゆえに予算の関係上、現在は施設の数が不足してます。

近年大きく問題となっているのは、特養の入所待機です。

また資産要件意外に特養に入所要件があり、
以前要介護1というレベルで入所が可能でしたが、
現在では、要介護3以上でない入所できないことになったことも要因なっています。

こうした事態の解消に、国として高齢の自律を促す意味でも、
オール介護の特養でなく、介護に必要レベルによって必要な介護を受けながら
生活する介護付に高齢者賃貸住宅の活用を促進しています。

特養では、フォローできない介護を要する高齢者に対する適切な方法と言えます。
もしものための不用品処分はコチラ