ダイエットのために食事制限をしていると、リバウンドが起きてまた太ってしまうことがあります。
ダイエットをしてもリバウンドが起きないようにするには、リバウンドがしにくいダイエットをしておくことです。

食事量を減らしたり、積極的に体を動かすことで体重を減らしていても、減少中だった体重が落ちなくなる時があります。食事を急に減らすと、エネルギーの供給が滞っていることを察知した体は、代謝を低く抑えることで餓死のリスクを低くしようとします。

ホメオタシス機能が働いているダイエットの停滞時期に結果が出ないからといって、途中であきらめるとリバウンドする可能性が高くなります。

ダイエットをしていれば、誰しも停滞期になるものという発想を持っていると、
リバウンド予防をすることが可能です。ダイエットをしている時は、
カロリー摂取量を控えることが多いため、空腹感をよく感じるものです。

お腹が空きすぎて、夜食や間食が多くなると、体重増加につながります。
夜中や、寝る前の食事は太るもとですので、ダイエット時に何か食べたいと思ったとしても、
間食は夕食より早い時間にしましょう。

ダイエットが終わったら、ダイエットをする前と同じカロリー摂取量にしてしまう人もいます。
カロリー制限をしているとその状態に慣れ、基礎代謝が低下しているので、
急にカロリーを増やすと一気に脂肪として蓄えられます。

自分の体が1日で使い切るカロリーはどのくらいかを知り、余剰分が脂肪にならないようにすることが、
リバウンド対策に必要なことです。