知り合いの岡崎君(仮名)は、40歳のサラリーマン。
幾つかの転職を経て、中堅の不動産会社に就職したのですが、実は離婚キャリアも3回ほど。そのすべてが浮気や不倫ということで、結婚生活は破綻。
三人目の奥さんから離婚された岡崎君は、2歳になる一人娘のために毎月3万円ほどの養育費を払うようになりました。
Continue reading

昔から洋画が大好きでした。英会話を勉強しようと思ったのも、よくある「映画を字幕なしで観たい」という単純な思いからです。
私が実践した事は、大好きな映画を繰り返しみてセリフを丸暗記する事。その映画も出来ればヒューマンドラマや学園もの、ディズニーなど
比較的簡単な英語を使う映画です。というのも、日本語と違って映画は単語を知らないと意味が全くわからないので日本語の様にニュアンスで
だいたいこんな事かな・・とは理解できない為です。よってSF映画などは特殊な言葉が多く絶対に日常生活で使わないであろう単語が多いので
あまり勉強材料には向きません。
お気に入りを何本か決めると後はそれをひたすら繰り返して観ます。最初から全てのフレーズを覚えるのは無理なので、初めは簡単な会話から。
特に自分が気にいったシーンの会話を覚えるといいと思います。そしてここが一番重要だと思います。
何回も観てるのでストーリーは頭に入ってるのであえてここで日本語字幕を外し、音声を英語のみにします。まずは耳から入るという事です。
そして自分でセリフを真似します。この時にイントネーションや抑揚も真似して、自分が聞いた会話文を言います。
それから確認の為に二回目は英語字幕をつけて、もう一度発音。自分が思ってた文章と同じかどうかを確認します。
こうやって訓練していくうちに驚くほどリスニング力はつきます。実際に日常会話で使う英語が多いので海外旅行へ行った時、レストランや空港で
「あ!これ分かる」っていうシーンが沢山ありました。そして、スラスラ話せないけどリスニングは出来てたので後は単語単語をつなげて会話が出来ていました。
私はこういう方法で英会話上達の入り口扉を開きました。

スマホえんきんで目の疲れいやす